新車購入 結局得なのはHV?PHV?EV?FCS?それとも?

これから新車を購入するなら一番得なのはハイブリッド(HV)?プラグイン ハイブリッド(PHV)?電気自動車(EV)?燃料電池(FCV)?。ユーザーの立場からお得な自動車を検討します。

自動車 お得情報

先進安全自動車(ASV)は得か?

投稿日:2018年1月13日 更新日:

”ぶるからない車”から自動運転まで、最近の自動車は”機械による安全確保”目立っている。
今回は、これが得かどうか?という話。

そもそも、安全には、パッシブ・セイフティと、アクティブ・セイフティがある。

パッシブ・セイフティとは、事故が起こったときに乗員や相手方を守る技術。
エアバッグや衝突安全ボディなどが該当する。

”事故っても被害を最小限にする”という考え方、まぁ、これはこれで良い。

一方アクティブ・セイフティは、”事故を防ぐ技術”。

アクティブ・セイフティが完璧ならパッシブ・セイフティは不要なんだけど、
現実、どちらも完全ではないので、それぞれが補完し合っているのが現状だ。

エアバッグなどは歴史が長いので、最近はほぼ全車に標準装備だし、価格も下がっている。
政府の後押しもあるし、保険会社も対応しているということで、もはや”普通の装備”になっている。

一方、衝突防止技術や自動運転などは、まだ新しい技術なので、実際に装備するとなると、オプションの追加料金が必要だったり、補助が無かったり、保険も安くならないかったりと、まだまだ周りの環境が追い付いていない。
したがって、それなりの出費が必要になる。

高級車なら車両そのものが高額なので、10~20万円程度の価格上昇なら気にならないかもしれないが、100万円強の車に付けるとなると、それなりに気になってくる金額だ。

これを付けるべきか否か、付けなければ損なのか?付けて事故が無ければ損なのか、難しい問題だね。

自動車保険とのバランスで考える

安全装置を付けるか否か。
選択のポイントは自動車保険に対する考え方だと思う。

自動車保険は”事故が起こった場合の補償”であるので、アクティブセイフティとは、基本的に対極にある考え方だ。

なので、本当に絶対にぶつからないのならば自動車保険は無用!ということになるんだな。

「では、自動車保険をかけるのは止めよう」という極端なことではなく、(万が一、人身事故でも起こしたら”億の支払が必要になるケースもある)見直すきっかけにしても良いと思う。

例えば車両保険だ。

自動車保険を「対人」「対物」を中心に考えればかなり掛け金は下がるはずだ。

これまで車両保険にかけていた分を安全装置に回そう!

なんて、考え方もあってよいと思うのだが、いかがだろうか?

-自動車 お得情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

トヨタはEV対策に遅れているか?

現在エコカーの先頭を走るのはHVだ。 これは間違いない。 街に出てプリウスを見ない日はない。 これだけプリウスを始めとするトヨタ製のHVが売れてくると、トヨタ=HVと思い込むのは無理ないが、だからと言 …

no image

東京モーターショー2017

今年のモーターショーの記事を見ていて、いろいろ出てるけど、やっぱり注目は”自動運転”だなって感じます。 将来的には、どのメーカーも完全自動の自動車をリリースしてくるでしょうね。 自動運転というのは、エ …

no image

格安ドライブレコーダーの実力

目次 格安ドライブレコーダーを買ってみた格安ドライブレコーダーを取り付けてみた取り付けはフロントガラス・吸盤式取り付けは簡単だけど取扱説明書に難あり!モニター付きなので、取り付けは簡単。本体モニターは …

no image

2018 自動車業界の動向を探る

明けましておめでとうございます。 今年も自動車関連情報を素人目線でガンガン投稿してまいります。 ぜひ、お付き合いのほど、よろしくお願いします。 目次 2018に発売される新型車の動向さらに高機能になる …

no image

ミライ(FCV)に未来はあるか?

ちょっと前までは、ハイブリッド(HV)の次は、EVかFCV(燃料電池)っていう話題があったけど、FCVの方は最近、ほとんど聞かなくなったような気がします。 EVの難点は、電池の容量不足による”一回の充 …







最近のコメント